神前挙式

Menu

今、見直される日本の伝統美 天織宮~あもりのみや~

伊邪那岐神・伊邪那美神(いざなぎ・いざなみ)に二人の結びを奉告する神聖なる儀式。

またたく星空の灯りの中、一生に一度の永遠の愛を誓い合う場所で、より思い出深き一瞬一瞬を紡ぐように格調高い神前式がとり行われます。ご家族・ご友人皆が神前を向いて、お二人の誓いの儀を見守ります。

 

フォトギャラリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天織宮の特徴

1. 天井に星空をイメージした特殊照明を導入し、神前には自然光が新郎新婦の晴れ姿に降り注ぐように天窓をつくりました。

2. 親族だけでなく、ご友人用の特別席をご準備いたしました。(親族44名、友人30名着席可)

3. 神前式場前室の通路より“和”をテーマにした御影石や石壁を使用し、厳かな空間を創りだしました。

4. 式場内の塗壁や木材も職人の手によってすべて手作業で創られており、重厚な中にも優しさとモダンさが表現されております。

5. 式当日にご使用いただく、「誓詞」「杯用掛紙」を佐賀県重要無形文化財である『肥前名尾和紙』で作成しております。

6. 新郎新婦様と親族様の椅子には、きめ細やかに織られた佐賀錦風にあつらえられたデザインで高級感と贅沢感を味わっていただけます。

7. 式中に通常はご覧いただきにくい新郎新婦様の表情を、参加された皆様全員にご覧いただけるように式場内に4ヵ所のモニターを設置いたしました。

結納のご案内

結納もご相談ください。グランデはがくれでは結納やお顔合わせも承っております。
お気軽にお問合せください。


結納会席


結納品セット


結納式場「赤絵の間」